袋詰めバイト【単純作業】2018
ホーム > menu > 袋詰め内職の単価、時給、相場は?

袋詰め内職の単価、時給、相場は?

自宅でできる仕事として内職を思い浮かべる方も多いですが、その中でも定番の袋詰めの具体的な内容を解説していきます。

一個あたり単価は?

c-lodge03.jpg気になる袋詰めの単価ですが、一個あたり0.5円から2.5円ほどが相場となります。こちらは袋に入れる商品によっても異なっており、より複雑な作業ほど単価は高い傾向にあるようです。

また、募集を行っている会社によっても金額は異なります。袋詰めは簡単な作業に思えますが、慣れていないと時給は100円から200円程度しか稼ぐことができません。慣れてきてコツをつかむと300円から400円ほどとなります。

時給は保障されていない

内職の場合は時給が保障されていないため、作業スピードも重要となり、速ければ早いほど多く稼ぐことが可能です。

ただ、雑に作業を行ってしまうとクレームなどのトラブルに繋がってしまうため、そちらは注意が必要となります。内職の最大のメリットは自宅で作業を行うことができるという点です。小さなお子さまが居る方は、子育てで忙しく外での仕事が出来ないという方も多いですが、外に出なくても仕事をすることができるのは大きいでしょう。少し空いた時間があれば、その時間に仕事を行うことができ、自分の好きな時間を仕事の時間にすることができます。

人間関係について

他にも人間関係に悩むことが無いというのもメリットの一つです。会社では人間関係で悩んでしまい、職場で居づらくなってしまうことや、中には辞めてしまうという方もいます。上手に人間関係を築くことができない方も、誰とも会うことなく報酬を得ることができるため、精神的には楽にお仕事をすることが可能です。出勤や帰宅の時間を取られることもなく、朝の満員電車での苦労もなくなるため、そちらを気にされる方にも利点と言えます。様々なメリットがありますが、逆にデメリットとしては誰にでもできる仕事となるため、どうしても単価が安くなってしまうことです。

アルバイトとの比較

かなり作業スピードを速くやったとしても時給500円以上を超えることは難しいため、外でのアルバイトでの時給に適うことはありません。そのため、外で働ける時間と気力がある方はアルバイトを行ったほうが効率は良いでしょう。

また、納期があるため任せられた作業はなんとしても納期までに提出しなければなりません。納期に間に合わなかった場合は信用を失ってしまいますし、次の仕事をもらうことができなくなってしまう場合もあります。他には、常に同じ作業の繰り返しですので、同じ作業を行うことが苦痛という方はデメリットになります。

初期費用などに注意

逆に繰り返しの作業が好きという方はメリットと言えるでしょう。これらを踏まえた上で内職の袋詰めの作業の求人を探す方もいるはずですが、どこで求人を扱っているのかというと、インターネットや公共職業安定所などが挙げられます。注意することは、インターネットの場合は初期費用や月額費用を請求されるなどの被害にあってしまうこともあります。友人や知人が内職を行っている場合は紹介してもらうというのが一番安心な方法となります。