袋詰めバイト【単純作業】2018
ホーム > 体験談や評判 > 単純作業のバイトは眠くなるけど辞めたくない理由

単純作業のバイトは眠くなるけど辞めたくない理由

単純作業のバイトというのはネットの求人サイトでも紙母体の求人広告紙でも多数掲載されていることから、常にと言っていいほど人材を募集しているところが多いことが分かります。

c-lodge01.jpg例えば大手パンメーカーの工場などはその日一日働いて、肌に合わないと感じたらその日の内に辞められるシステムが構築されているので、日雇いバイトとしての需要も多いことが背景にあります。

単純作業のバイトは仕事を覚えるのは楽でも、作業の内容が辛くて定着しないことも少なくないのです。だからこそ常に新人の募集をかけているような単純作業の職場が多いため、どうしても他に働く先を見つけられないという方は応募を検討してみるといいでしょう。余程のことがない限り面接で落とされる可能性がないからです。


単純作業のバイトには慣れてくると流れ作業の最中に眠くなってしまうというデメリットもあります。同じことの繰り返しなので、手や足が動いていたとしても頭を使わないことが眠気を誘ってしまうことで知られています。

しかしいくら眠くなっても単純作業のバイトを辞めたくないと考えている方も非常に大勢いらっしゃいます。理由としては長年同じ職場に勤めて時給が上がったため今辞めてしまうのは勿体無いから、例え眠くなってしまったとしても一度慣れた仕事から離れたくないから、自身のスキルから考慮して他の職場で通用しないのではないかという不安があるから、頭を使わずに済む流れ作業が性格的に合っているからなどといった訳が挙げられます。

睡魔に打ち勝つ方法を構築して、何年も同じ作業を繰り返してバイトやパートではあるものの職人の域にまで達したという方も日本には少なからず実在しますので、継続は力なりという精神で単純作業のバイトを続けるのがベストだと言えるでしょう。ただどうしても睡魔に負けてしまう、作業が辛すぎて気分が滅入ってしまうという場合には職を変えることも検討してみてください

。日本は段々と好景気に向かっていてバイトの時給も日本各地で上昇傾向にありますので、今ならバイト先を変えることも高時給のバイトを一から探すことも容易だからです。働く側にとってはいい環境が整っていますので、辛い職場は辞めてしまっても構わないくらいの感覚を持っておくことを推奨します。
性格や体質的に流れ作業をしていても眠くならない、眠くなってきても作業自体は無難にこなせるという方は自給が上がるまでその仕事を続けるべきなので記憶しておいてください。